南北で全く違う?ベトナム人の国民性について

南北で全く違う?ベトナム人の国民性について

南部と北部で分かれるベトナムの国民性

ベトナムは南北に長く伸びる国土から、北部と南部で気候がまったく異なります。そのため国民性も、北部と南部でそれぞれの特徴があります。

意外かもしれませんが、ハノイを中心とする北部には四季があります。夏季は猛暑が続くいっぽう冬季は気温が下がるため、歴史的に食糧の確保に苦労してきました。そのため今でも北部の人は、しっかり貯蓄して「ここだ」というときに一気に投資する傾向があります。

一方ホーチミンなど南部は、多少の寒暖差はあるものの年間を通じて温暖な気候で、食べ物に困ることはありません。そのため、その月のお給料はその月に使い切る、先のことをあまり考えずにお金を派手に使うため、ほとんど貯金がないと言われています。

北部の中心であるハノイは、役所等が集まる政治都市です。冬季の厳しい気候ゆえ質素な生活が求められたこともあり、北部の国民は真面目で勤勉。デスクワークや作業をコツコツ行うタイプの人が目立ちます。

それとは対照的に、その日その日の楽しさを優先するのが南部人です。ホーチミンが誘惑の多い商業都市として発展したことも理由の1つと言えます。陽気で明るい国民性があるものの、仕事は長続きせず、職を転々と変えがちです。とはいえ、楽天的で人懐っこい性格のため、接客業で大きな力を発揮する姿をよく見かけます。

ベトナム中部は新進気鋭の若者が増加

北部と南部を比較しましたが、最近はダナンを始めとする中部への注目度も高まっています。

企業進出やリゾート開発が進みつつある中部ですが、のどかな地域が大半です。農家や漁師の家に生まれた若者も少なくありません。中部の若者の目標は、ハノイやホーチミンで好待遇の仕事に就くこと。年配者はのんびりした性格の人が多いのですが、若者世代になると向上心にあふれる野心家タイプが増えてきます。

今を楽しむ男性、家族を守る女性

ベトナムの男女の国民性の決定的な違いは、ずばり勤勉性です。男性は、長く続いたベトナム戦争に従軍するなかで「明日命があるのか分からない」状況を強いられてきました。それに対して女性は、戦争中は家族を守る立場。そのため「何があっても食料を確保する」ことが求められました。このような歴史的背景から、男性は目先の誘惑に負けやすく、女性は辛いことがあっても働き続けます。そうした理由からか、現地企業では、仕事を辞めない可能性が高いベトナム人女性を積極的に採用する傾向があります。

ベトナム人全体に共通する点ですが、男女とも体力を要する仕事も積極的に取り組む傾向があります。日本では敬遠されるような重労働の仕事を頼んでも、男女ともそれほど嫌がりません。ひとりでパソコンに向かうよりみんなで和気あいあい力仕事をするほうが楽しいと思う傾向があります。ただし最近は、若者を中心に高学歴化が進んでいることから、欧米・アジアの有名大学を卒業している人も多数。そのため重労働は徐々に好まれなくなってきています。

日本に対する信頼の高さも特徴的

さらに、ベトナム人の国民性として挙げられるのが、日本を無条件で信頼していることです。日本製の車やバイク、家電、食品などに強い憧れと信頼を抱いています。そのため日本製の商品に興味を持ったら、多少高額でも「いいものが見つかった」と喜んで購入する傾向があります。また、将来日本に行きたい、あるいは日本で働いたことがあるベトナム人も多く、困っていると積極的にサポートしてくれるため、日本人にとって暮らしやすい国だと言えるでしょう。

ここ最近は、ベトナムの若者の海外志向が急速に高まっています。ベトナム政府が語学教育に力を入れているため、流暢に英語を話せる若者が増えていることもその理由です。もともと海外に対する憧れが強いこともあり、早い段階で留学の準備を始める人も少なくありません。海外に飛び出すことに物怖じしない性格のため、グローバルに活躍するベトナム人は今後さらに増えていくでしょう。

コメントを残す

Your email address will not be published.