ベトナム国内向けに配信できる広告とは?

ベトナム国内向けに配信できる広告とは?

ベトナムで広告を出す場合に一般的なのがテレビやラジオ。ただし、広告費用は安くないため、気軽に広告を打てる媒体としてFacebookに注目が集まっています。

・テレビやラジオの広告はベトナムの定番

ベトナムで広告を出すとき、定番の媒体となるのがテレビやラジオです。ベトナムのテレビ普及率は90%以上でチャンネル数も非常に多く、国内のものだけでも40チャンネルほど存在します。海外のチャンネルも映るため、一日中テレビをつけている家庭やお店も少なくありません。そのためテレビで広告を流すことで一定の影響力が期待できるでしょう。ただし、広告費用は安くはないため、実際に利用しているのは国内・国外の大企業が中心です。

ベトナムではラジオの影響力も健在です。ベトナムの国営バスやお店のなかではよくラジオが流れています。ラジオを聞きながらバイクを運転したり農作業したりする人も多いため、途中で流れる広告もそれなりの影響力が期待できます。ただし、ラジオユーザーは経済的にあまり豊かではないため、すべての広告が効果を発揮するとは限りません。

・影響力があるベトナムの広告はFacebook

安い広告費用で高い宣伝効果を発揮できると注目されているのがFacebookです。ベトナムではFacebookの利用者が非常に多く、1日何度も投稿している人も目立ちます。また、情報収集、メッセージのやり取り、通話等をすべてFacebookで済ませるケースもあるほど。ベトナムのインターネット利用者の95%がFacebookを利用しているとも言われております。Facebook広告は、費用が安く気軽に配信できるため、大小さまざまな企業やお店で活用されています。ベトナム進出している健康食品・化粧品ブランドのほとんどが、公式サイトからFacebookへのリンクを設置している為、Facebook広告はベトナム進出の鍵と言えます。

Facebook広告に加えて、多数のフォロワーがいるインフルエンサーに宣伝を依頼することも一般的です。インフルエンサーは、ファッション、グルメ、旅行など、それぞれ得意分野がありますので、宣伝効果が期待できそうな人を選んで依頼することがポイントです。Facebookとインスタグラムの両方を活用することで、さらなる効果が期待できるでしょう。

広告を配信する場合もインフルエンサーに依頼する場合も、日ごろから自社のFacebookを運営しながらフォロワーを増やしておくことが大切です。

・新聞・雑誌の広告で効果を発揮することも

ベトナムの町中では、商店や屋台など至るところで新聞を購入することが可能です。売り子が直接売りに来ることもあります。路上の茶屋などでお茶を飲みながらのんびり新聞を読むのがベトナム人の定番。ただし近年は、インターネットの普及などから新聞の読者は減少しており、ユーザーは年配の男性の比率が高いことが留意点です。

新聞に加えてベトナムには、ライフスタイル、ファッション、旅行、エンタメなど、さまざまなジャンルの雑誌が発売されていますので、そこに広告を掲載することも一案です。また、ベトナム在住の日本人に向けて、日本情報を発信しているフリーペーパーに広告を出すことも一般的です。

・最後に

私たちシングラは、精度の高いマーケティングとベトナムで培ったネットワークを活かし、両国を通じたビジネス展開のサポートを得意としております。さまざまな広告チャネルを通じたベトナム国内でマーケットの拡大を検討中でしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

Your email address will not be published.